カラコンの適切な使い方とは

カラコンの適切な使い方とは カラコンは目元の雰囲気を変えるために使われる便利なアイテムです。また、オシャレのために使われるだけではなく、視力矯正も兼ねて使用される事があります。いずれにしましても、カラコンを使う事において、少しでも安全性を高めて使い続ける事が必要です。当サイトでは、カラコンでオシャレを楽しむ際に必要な、安全に使うための知識について紹介しています。

カラコンにはワンデー、2週間、1ヶ月、1年などといった、使用期限が異なるタイプがあります。ワンデーというのは1日で使い切りタイプで、次々と新しいレンズを開封して使うものです。ワンデーであれば、レンズ自体のケアは必要ありませんが、2週間以上の期間、使われるレンズに関しては、適切なケアを施す必要があります。そのために必要なのが洗浄保存液です。

洗浄保存液とは、レンズを綺麗に洗浄し、次使用するまでの間レンズを保存するために必要なものです。これは薬局や雑貨屋など、様々な店舗で入手する事が可能です。洗浄保存液を用意したら、使い終わったレンズを洗浄する必要があります。これには適切な手順が存在しますので、間違いのないように覚えましょう。コンタクトレンズやカラコンで目のトラブルを引き起こす事があるのは、この洗浄をしっかり行えていなかったり、使用期限が過ぎたものを使っていたりする事が原因として多いです。安全に使うためには十分に注意しましょう。

また、洗浄保存液を使う際に注意しておきたい点として、手やレンズに水道水が付着してしまわないように管理する事が重要です。水道水は、レンズを変形させたり、感染症を起こしてしまったりするリスクがあります。特に、水道水によるアカントアメーバ角膜炎を引き起こしてしまうと、最悪の場合、失明のリスクまでありますので、レンズを扱う際には水道水が付着してしまわないように、十分に注意するようにしてください。

レンズを適切に洗浄する事は安全にカラコンを使うために必要なことですが、装着や取り外しの際に気をつけることも大切です。簡単なこととしては、レンズや目を傷つけてしまわないように爪を短く切っておき、さらに手は石鹸で洗って、清潔な状態にしておくことも欠かせません。レンズの装着と取り外し、そして洗浄や保存に関する知識を身につけておけば、ある程度目に与える負担を少なくすることが可能です。当サイトでは、これらのようなカラコンを安全に使っていくための情報を紹介していますので、興味がある方はぜひ、チェックしてください。

最新ニュース